Did you know?

PADI MEMBER RENEWAL PADI DIVE CENTER ADYCOAST
Facebook Twitter Instagram Line
Divemaster Course

Divemaster

PADI ダイブマスターは、PADIプロフェッショナルへの最初のステップです。

ダイビング知識とスキルをプロレベルまで高め、コース修了後はダイバー達のリーダーとして、さまざまな活躍の場が得られます。

Become a Professional

海と人に優しいあなたを応援します!

海の素晴らしさ、ダイビングの楽しさを一人でも多くの仲間と分かち合いたいあなたの夢を叶えるために、PADI ダイブマスター・コースに今すぐチャレンジしましょう !!

- 参加前条件 -

  • PADIアドバンスド・オープン・ウォーター・ダイバー、または、それに相当する資格を有していること。
  • PADIレスキュー・ダイバー、または、それに相当する資格を有すること。
  • 過去24ヶ月以内に、EFR一次および二次ケア・トレーニングまたはそれに準ずるものを修了していること。
  • ダイビングに適した体調であるかの診断を受け、医師の署名入りの「ダイバーメディカル | 医師による評価シート」(12ヶ月以内)
  • ログブックに最小限40回のダイブが完了していること。
  • 18歳以上であること。

認定 ステップアップ

アドヴァンスド・オープン・ウォーター・ダイバーとレスキュー・ダイバーの認定を受ける。

認定 救急救命法

過去24ヶ月以内にエマージェンシー・ファースト・レスポンスの認定を受ける。

ログ 40ダイブ

ログブックに記録された40ダイブ以上のダイビング経験の証明が必要です。

Course introduction

お申込み

Application

書類の確認と記入および署名、参加前条件にあるCカードランクを確認させていただきます。

ダイビングに適した体調であるかの診断を受け、医師の署名入りの「ダイバーメディカル | 医師による評価シート」(12ヶ月以内)の提出。

お申し込み時に申込金70,000円を頂戴したうえで、デジタル・クルーパック教材のアクセスコードをお渡しいたします。


講習期間の目安

Course Period

講習時間約50時間~(候補生の進捗や参加頻度によって異なります)

すべて問題なく課題をクリアできた場合は、より最短取得も夢ではありませんが・・・。自然を相手にする遊びです。日程には余裕をもってお申込みください。


知識開発

Knowledge development

自習学習にてトピックの学習を進めていきます。

  • トピック1「PADIダイブマスターの役割と資質」(店内レクチャー:すべての水中セッションの前までに)
  • トピック2「認定ダイバーの監督」(実践評価の前までに)
  • トピック3「生徒ダイバーのアシスト」(実践評価の前までに)
  • トピック4「ダイバーの安全とリスク・マネージメント」
  • トピック5「ダイブマスターが実施できるプログラム」(ダイブマスターが実施できるプログラムのワークショップの前までに)
  • トピック6「特殊スキルと活動」
  • トピック7「ダイビングビジネスとキャリア」
  • トピック8「ダイビング環境への意識」
  • トピック9「潜水理論の復習」

各トピックのナレッジリビューの答え合わせ。ファイナルエグザム(パート1・パート2)を実施し合格すること。

PADI The Encyclopedia of Recreational DIVING(レクレーショナルダイビング百科事典)を利用し、以下を学習します。

  • ・第1章 アンダーウォーターアドベンチャー
  • ・第2章 海洋の惑星
  • ・第3章 ダイビングの器材
  • ・第4章 物質世界でのダイビング
  • ・第5章 ダイバーの生理学

ダイビングポイントで発生したダイビング事故を管理するための緊急アシストプランの作成(レスキュー・ダイバー・コース時に作成したものでも可能)


水中スキル開発

Underwater skill development

水中スキル実習

  • 実習1「400m水泳」
  • 実習2「15分間立ち泳ぎ」
  • 実習3「800mスノーケルスイム」
  • 実習4「100m疲労ダイバー曳行」
  • 実習5「器材交換」

ダイバーレスキュー

  • 限定水域もしくは海洋で実施

ダイブスキル・ワークショップ

  • 24スキルのデモンストレーションレベルへの開発と評価(スキンダイビングスキルも含む)

実践応用

Practical application

水中スキル実習

  • スキル1「ダイビングポイントでのセットアップと管理」
  • スキル2「水中地図の作成」
  • スキル3「ブリーフィング」
  • スキル4「サーチ&リカバリーのシナリオ」(SP資格保有者クレジット可)
  • スキル5「ディープダイビングのシナリオ」(SP資格保有者クレジット可)

ダイブマスターが実施できるプログラムのワークショップ

  • ワークショップ1「ReActivateプログラム」
  • ワークショップ2「スキン・ダイバー・コースとスノーケリングの監督」
  • ワークショップ3「限定水域でのディスカバー・スクーバ・ダイビング・プログラム」
  • ワークショップ4「ディスカバー・スクーバ・ダイビング・プログラムの追加のオープンウォーター・ダイブ」
  • ワークショップ5「オープンウォーターでのディスカバー・ローカル・ダイビング」

実践評価

  • 実践評価1「限定水域でのオープン・ウォーター・ダイバー・コース生徒」
  • 実践評価2「オープンウォーターでのオープン・ウォーター・ダイバー・コース生徒」
  • 実践評価3「オープンウォーターでの継続教育生徒ダイバー」
  • 実践評価4「オープンウォーターでの認定ダイバー」(実際の認定ダイバーのみ)

プロフェッショナリズム評価


現場実習の進め方

Field Training

ダイビング専用プールと現地限定水域および海洋実習を、候補生とツアー・コースの参加者や内容を考慮して、着実に進めていきます。


認定手続き

Certification

プロフェッショナル認定おめでとうございます

規定の課題を満足に修了すると認定となります。


Shortest model plan

最短モデルプラン

すべての課題を問題なくクリアできた場合のモデルプランです。

ディープ および サーチ&リカバリー SP保持者は、海洋実習1日分を実践トレーニングに費やせます。

補講や知識開発等に費やす日数は考慮していません。

Day 1

ダイビング専用プール

  • 水中スキル開発 2「15分間立ち泳ぎ」
  • 水中スキル開発 ダイバーレスキュー
  • (練習)ダイブスキル

Day 2

ダイビング専用プール

  • 水中スキル開発 5「器材交換」
  • 水中スキル開発 ダイブスキル
  • ワークショップ1「ReActivateプログラム」
  • ワークショップ2「スキン・ダイバー・コースとスノーケリングの監督」

Day 3

限定水域

  • 水中スキル開発 1「400m水泳」
  • 水中スキル開発 3「800mスノーケルスイム」
  • 水中スキル開発 4「100m疲労ダイバー曳行」

海洋実習

  • 水中スキル実習 スキル1「ダイビングポイントでのセットアップと管理」
  • 水中スキル実習 スキル2「水中地図の作成」
  • 水中スキル実習 スキル3「ブリーフィング」
  • ワークショップ3「限定水域でのディスカバー・スクーバ・ダイビング・プログラム」
  • ワークショップ4「ディスカバー・スクーバ・ダイビング・プログラムの追加のオープンウォーター・ダイブ」

Day 4

海洋実習

  • ワークショップ5「オープンウォーターでのディスカバー・ローカル・ダイビング」
  • 水中スキル実習 スキル4「サーチ&リカバリーのシナリオ」
  • 水中スキル実習 スキル5「ディープダイビングのシナリオ」

Day 5

ダイビング専用プール

  • 実践評価1「限定水域でのオープン・ウォーター・ダイバー・コース生徒」

Day 6

海洋実習

  • 実践評価2「オープンウォーターでのオープン・ウォーター・ダイバー・コース生徒」

Day 7

海洋実習

  • 実践評価3「オープンウォーターでの継続教育生徒ダイバー」

Day 8

海洋実習

  • 実践評価4「オープンウォーターでの認定ダイバー」

Refresh Diving

付き添い参加されるなら

ご家族やご友人がプロダイバーになるお手伝いをしてみませんか。コース参加のお客様をご紹介いただき、ご一緒に付き添い参加される場合には、器材レンタル無料にてご参加いただけます。

UP

Copyright © ADY COAST