アドヴァンスってナニ?

ステップアップすると何が変わるの?… ダイバーになったばかりだと、よくわからないですよね。

コースでやる事

ディープとナビゲーションを含め、5つのテーマダイビングを遊びながら経験します。

アドヴァンスド・オープン・ウォーター・ダイバー・コースは、各種スペシャルティコースの最初のテーマを、いろいろ試食するような感じのダイビングです。

受講する意義

自身の安全の為にも「トレーニングを受けた範囲内でダイビングする」のが大原則。

例えば、初めてのボートダイブもインストラクターにきちんと教わらないと危険が伴います。知ったかぶりの友人からの助言は、あなたにとって常に正しいとは限りません。

受講するには

オープン・ウォーター・ダイバー取得後、すぐにエントリーできるコースです。

ほとんどのボートポイントでは、深度18mを超えることが多いため、魅力的な海をもっと楽しめるように、なるべく早くランクアップをお勧めする必須コースです。

修了すると出来る事

ダイビングの幅がぐっと広がり、興味のあるテーマをさらに掘り下げることも可能。

特に30mまでの深度をインストラクターと一緒に安全に経験することで、有名なポイントが数多くある、より深い深度でのダイビングが楽しめるようになります。

コースの進め方

自然を相手にする遊びです。日程には余裕を持ってお申し込みください。

事前準備

コースお申込み

マニュアルをお渡しします。

自宅学習

5つのテーマについて、レポートを記入して提出。試験はありません。

レポートの答え合わせと解説を行います。

5つのテーマ

必須 ディープ

必須 ナビゲーション

選択 お好きなテーマから3つ選択

受講日の決定:最短2日間~

ツアーに合わせて、テーマや実施本数を自由に組み合わせられます。

最短プラン例

DAY1

ボート

ナビゲーション

ナイト

DAY2

ディープ

魚の見分け方

組み合わせプラン例

日帰りツアーで

中性浮力

ナビゲーション

デジカメ

リゾートツアーで

ディープ

ナチュラリスト

Cylinder tank

テーマを選択

お好きなテーマを選んで、楽しみながらステップアップ!

ドリフト

Drift Diver

力を抜いて、流れに身を任せれば、超ラクチンダイビング!

魚の見分け方

Finding Fish Diver

名前は知らなくても、特徴を捉えて、魚の種類がわかるようになります。

フルフェイス

Full Face Mask

顔が濡れずメイクもOK。鼻呼吸してしまう、顔が寒いのが嫌な方にも。

ナチュラリスト

Under Water Naturalist Diver

生物の生態や、不思議を発見する感動体験。動植物への観察力がUP。

ナイト

Night Diver

夜の海は新しい発見がいっぱい。いつもと違う。幻想的な世界にようこそ。

サーチ&リカバリー

Search and Recovery Diver

コンパスとロープワークを使って、楽しく探して、引き上げる。

沈船レック

Wreck Diver

沈船の中は未知の世界。スキルを駆使して、ワクワク探検。

デジタルカメラ

Digital Under Water Imageing

デジカメやビデオの特性を学んで、楽しい思い出を残そう。

ダイビングの疑問と悩みを解決!

ビギナーから多く寄せられる疑問や不安にお答えします。

ダイビングにブランクがあってもだいじょうぶ?

ブランクの程度にもよりますが、ファンダイビングの中で遊びながら実施するので問題ありません。ダイビング自体に不安を感じるようであれば、まずリフレッシュコースをお受けいただくことで、ストレスなくご参加いただけるようになりますのでご安心ください。

学科試験はあるの?

ナレッジリビューというレポートを提出していただくだけで、学科試験はありません。できる限り事前に完成させてもらい、解答と学習の補足をさせていただきます。

一緒に始める友達がいないけれど、一人でもだいじょうぶ?

一人で始めたという人は意外に多いです。でもすぐに、海やダイビングという共通の趣味を持つ仲間ができるので、まったく問題ありません。しっかり講習を受けて安全に楽しめるダイバーになれるという観点からも、マンツーマン講習はおススメです。

他のお店で取得したのですが参加できますか?

はい。当店だろうが他店だろうが区別することはございません。また他団体の方でも、当コース受講によりPADIダイバーとして認定されますので、よりダイビングの幅が広がること間違いなしです。

器材を持っていなくてもだいじょうぶ?

人が生きていけない環境で遊ぶのがダイビングなので、使い慣れた自身の器材を持つことは、上達や快適性、安全性の向上のために推奨されます。しかしながら、レンタルでもずっと続けていただける環境をご用意していますので、ご安心ください。まずはダイビングを楽しみましょう。

既に器材を持っていますが、持ち込んでもかまいませんか?

はい、大丈夫です。本人が自店で購入した器材しか認めない、買い替えなければお断りなど、そんな器量の狭いことは言いません。使用することに問題がない器材、またオーバーホールをすれば大丈夫な器材は、遠慮なくお使いください。まずはダイビングを楽しみましょう。